自分に一番優しくね!!


毎日仕事に家のことにと忙しく、人のことばかり考え自分のことは二の次に生活をしていた。
それでも『きっとみんなこうなんだ!私だけのことじゃない。』と思うようにしながら、日々なにかが削り取られるのを感じつつ生活をしていた頃。
ほんの些細なことがきっかけで、崩れさるのは簡単で。
全てを放棄したくなった。

そんな時、年上のお姉さまからのなにげない言葉に救われた。
【辛いなら辛い。しんどいならしんどい。自分の思ったままに表現すればいいんだよ。嫌なら逃げちゃえ!】
【こうでなくちゃならない。こうすべきだ。そんな既成概念のせいで自分が本当に求めるものを見失うなんて馬鹿馬鹿しい。】
【よく人に優しく、人のためになんて精神論が素晴らしいなんてされている世の中だけど、それはまず自分のことを大切に出来ている人間が大前提。】
【まずは、本当の自分の声を聞いてあげて、自分に一番優しくしてあげるの。】

それを聞いて、自分が良かれと思ってしていた“人のため”が、いかに自己満足かを知り、そして重たく押し潰されそうだったなにかから解放された。
そんな言葉をかけてくれる人に出会えたことが何よりも嬉しかった。